製菓専門学校の魅力

製菓専門学校の入試科目

製菓専門学校の入試科目

製菓専門学校の入試科目 製菓専門学校の入試科目は出願で少し変わりますが、どの試験の面接でも目的意識の有無の確認や食品衛生教育から染髪や男子の長髪やヒゲ、女子の厚化粧やマニキュアはその場で指導が入ったり不合格になる恐れがありますので清潔さを優先させることが大切です。
AO入試科目は指定された日程の中で体験入学を済ませた後に個別の面接を行い、指定のエントリーシートの内容を総合的に評価して審査が行われ、合格された方のみに別途で継続的な課題の提出があります。
指定校推薦や推薦入試の場合には書類審査後の1週間以内に面接があり、合否がさらに1週間以内に結果が出ます。一般入試では、一般常識や作文の筆記試験、面接が実施されて同じく1週間以内に結果が届きます。
製菓専門学校への入学を考えている方は、一度体験入学やオープンキャンパスに参加しておくと入試詳しい情報をあらかじめ知ることが出来ます。日にちが限られていますので、早めに動いておくと希望しているところの情報が得られます。

製菓専門学校の面接って何を話したらよいの?

製菓専門学校の面接って何を話したらよいの? 製菓専門学校を受験するときに、面接ではどんなことを話したら良いか迷う人は多いと思います。
お菓子づくりが好きな思いを伝えるのも良いですが、「製菓専門学校」で何を学びたいのか、卒業して学んだことを活かして仕事に就くときどんなスキルを持って社会に出たいのかを主題に具体的にアピールすると面接官の印象に残ります。

例:【お菓子つくりを通して、地方を元気にしたいです】
出身が静岡県のため、幼い頃から美味しいお茶を飲んで育ちました。ペットボトルのお茶も飲みやすいですが、やはり綺麗な富士山の湧き水と新鮮な茶葉で抽出した急須で飲むお茶は格別です。そんな中、珈琲、炭酸など飲料の多様化により若者の緑茶離れが進んでいるというニュースを読みました。
抹茶のように緑茶を身近に感じて欲しい、若者や海外の方にも良さを知ってもらえるようなお菓子を自分でもつくって食べてみたい、と思い製菓専門学校への入学を希望しています。
最終的には製菓専門学校で学んだ知識と経験をもとに緑茶の魅力を通して、創意工夫することで地元静岡を元気にできるよう美味しいお菓子つくりを追求していけたらと考えます。

新着情報

◎2019/1/17

製菓専門学校の入試科目
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

技術を学んで夢を実現
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

オープンキャンパスで体験
の情報を更新しました。

◎2018/1/11

作ったものは持ち帰れる?
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

入学前に用意しておくべきもの
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「入試 面接」
に関連するツイート
Twitter